【直し方】Windowsサービスに接続できませんでした

シェアする

パソコンを起動して突然「Windowsサービスに接続できませんでした」という警告が出てしまう場合の原因と直し方についてです。

Windowsサービスに接続できないエラーの原因

主な原因はWindowsを更新した時にあるようで、更新時に何らかの不具合がおこると、このメッセージがでるようです。

なので、根本的な原因はパソコンやユーザーによって違うので、一度だけのユーザーや頻繁にこのエラーがでてしまうユーザーもいます。

Windowsサービスに接続できませんでしたの直し方

直し方はとても簡単です。

まず「コマンドプロンプト」を右クリック「管理者として実行」するを選択。

「\Windows\system32>」という部分に続けて、「netsh winsock reset」と入力しEnterキー。

できたらパソコンを一旦シャットダウンして再起動します。

これでエラーは消えるはずです。

まとめ

「Windowsサービスに接続できませんでした」というエラーがでても、特に支障はないので慌てる必要はありません。

しかし設定によっては一部機能がつかえなくなったり、起動するたびにメッセージがでるのも面倒なので、サクッと解消しておきましょう。

シェアする