「図る」「測る」「計る」「量る」の違い

「図る」「測る」「計る」「量る」という言葉、「はかる」という同じ読み方ですが、いったいどういった違いがあるのでしょうか?

ということで、今回は「図る」「測る」「計る」「量る」の違いと意味や使い分けをわかりやすく解説しています。

「図る」「測る」「計る」「量る」の意味の違い

まずは4つの「はかる」の意味を調べてみました。

【図る】
計画を立てる。予測する。

【測る】
長さや深さなどを調べる。

【計る】
時間や程度をかぞえる。

【量る】
重さや容積などををかぞえる。

4つの「はかる」の使い分けをまとめると以下になります。

図るは、「解決策を図る」「合理化を図る」「親睦を図る」など、計画を立てたり実効策を予測する場合に使う。

測るは、「身長を測る」「面積を測る」「能力を測る」など、長さ・広さ・深さ・高さなどをはかる場合に使う。

計るは、「タイムを計る」「損失を計る」「利益を計る」など、時間や数字をかぞえる場合に使う。

量るは、「体重を量る」「お米を量る」「容積を量る」など、重さや容積などををかぞえる場合に使う。

シェアする