「委細」「異彩」「異才」の違い

「委細」「異彩」「異才」という言葉、「いさい」という同じ読み方ですが、いったいどういった違いがあるのでしょうか?

ということで、今回は「委細」「異彩」「異才」の違いと意味や使い分けをわかりやすく解説しています。

「委細」「異彩」「異才」の意味の違い

まずはそれぞれの「いさい」の意味は以下です。

【委細】
詳しいこと。

【異彩】
変わった色、特に目立つこと。

【異才】
優れた才能。

「いさい」の使い分けをまとめると以下になります。

委細は、「委細は面談にて」「委細は問いません」など、詳しいことという意味で使う。

異彩は、「あの壁画は異彩だ」「彼は異彩を放っている」など、他とは異なっているという意味で使う。

異才は、「野球界の異才」「彼の異才は計り知れない」など、他にはない才能があるという意味で使う。

シェアする