「工程」と「行程」の違いをわかりやすく解説!

「工程」と「行程」という言葉、「工」と「行」の違いですが、この「工程」と「行程」、いったいどういった違いがあるのでしょうか?

ということで、今回は「工程」と「行程」の違いと意味や使い分けをわかりやすく解説しています。

「工程」と「行程」の意味

まずは二つの「こうてい」の意味を調べてみました。

【工程】
工作や工事などの仕事を進めていく順序・段階。

【行程】
足や車で行く距離。みちのり。

二つの「こうてい」を見比べてみると、「工程」は「仕事や作業などを進める順序」で、「行程」は「距離や道のり、過程」ということが分かります。

ではさらに細かく「工」と「行」の違いを調べてみます。

【工】
道具を使って物を作り出す。たくみ。作業。

【行】
おこなう。する。おこなわれる。ふるまい。

「工」は作業に関すること、「行」はおおまかに何かを行う、ということがわかりました。

では共通の言葉である、「程」の意味もしらべてみます。

【程】
一定の量。ある範囲内でのきまり。

つまり、「程」が付くことによって何らかの範囲を示すということです。。

「工程」と「行程」の違い

「工程」と「行程」の違いをまとめるとこうなります。

【工程】
工場や工事などて行う作業の順序や流れ。

【行程】
個人や企業が目指す過程。

より細かな、詳細に示される作業スケジュール、順序などが「工程」。

週刊単位や月間単位で示す、大まかな過程や道のりが「行程」です。

シェアする