「すすめる」漢字の使い分け

「すすめる」には同じ読み方の漢字がたくさんありますが、いったいどういった違いがあるのでしょうか?

ということで、今回はよく使う「進める」「勧める」「薦める」の違いと意味や使い分けをわかりやすく解説しています。

「進める」「勧める」「薦める」の意味の違い

まず、それぞれの「すすめる」の意味は以下です。

【進める】
前の方へ動かす。物事をはかどらせる。

【勧める】
そうするようにうながす。

【薦める】
推薦する、推奨する。

「すすめる」の使い分け

進めるは、「車を進める」「会議を進める」など、前の方へ動かしたり、物事をはかどらせる。という意味で使う。

勧めるは、「参加を勧める」「本を勧める」など、そうするようにうながす。という意味で使う。

薦めるは、「リーダー候補として薦める」「適任者として薦める」など、推薦する、推奨するという意味で使う。

シェアする