「異義」と「異議」の違いをわかりやすく解説!

「異義」と「異議」という言葉、「義」と「議」の違いですが、この「異義」と「異議」、いったいどういった違いがあるのでしょうか?

ということで、今回は「異義」と「異議」の違いと意味や使い分けをわかりやすく解説しています。

「異義」と「異議」の意味

まずは二つの「いぎ」の意味を調べてみました。

【異義】
異なった意味。

【異議】
反対または不服であるという意見。

二つの「いぎ」を見比べてみると、「異義」は「異なる意味」で、「異議」は「反対意見」ということが分かります。

ではさらに細かく「義」と「議」の違いを調べてみます。

【義】
意味。主旨。

【議】
意見。考え。提案。

「義」は意味そのもの、「議」は話し合いなどの場の意見、ということがわかりました。

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」の違いをまとめるとこうなります。

【異義】
異なる意味だということ。

【異議】
反対意見。会議や裁判などで不服を意思表示すること。

シェアする