「省みる」「顧みる」「鑑みる」の違い

「省みる」「顧みる」という言葉、「かえりみる」という同じ読み方ですが、いったいどういった違いがあるのでしょうか?

あわせて、今回は「鑑みる」との違いと意味や使い分けをわかりやすく解説しています。

「省みる」「顧みる」の意味の違い

まずはそれぞれの「かえりみる」の意味は以下です。

【省みる】
自分のしたことをふりかえって、反省する。

【顧みる】
過ぎ去った事を思い起こす。気を配る。

「かえりみる」の使い分けをまとめると以下になります。

省みるは、「自らを省みて恥じるところがない」「わが身を省みる」など、自らの行いをふりかえるという意味で使う。

顧みるは、「歴史を顧みる」「危険も顧みず進む」など、過ぎ去った事を思い起こしたり、気を配るという意味で使う。

「鑑みる」との意味の違い

「かんがみる」の意味は以下です。

【鑑みる】
他の事例や規範に照らし合わせて参考にする。

鑑みるは、「先例に鑑みる」「過去の失敗から鑑みる」など、他の事例や規範に照らし合わせて参考にするという意味で使う。

シェアする