「しめる」漢字の使い分け

「しめる」には同じ読み方の漢字がたくさんありますが、いったいどういった違いがあるのでしょうか?

ということで、今回はよく使う「閉める」「締める」「絞める」の違いと意味や使い分けをわかりやすく解説しています。

「閉める」「締める」「絞める」の意味の違い

まずはそれぞれの「しめる」の意味は以下です。

【閉める】
あいている戸や窓などをとじる。

【締める】
ゆるみをなくす。ひきしめる。

【絞める】
首回りを圧迫する。

「しめる」の使い分け

閉めるは、「玄関のドアを閉める」「店を閉める」など、あいている戸や窓などをとじるという意味で使う。

締めるは、「靴ひもを締める」「財布の紐を締める」など、ゆるみをなくしたり、ひきしめるという意味で使う。

絞めるは、「トリを絞める」「ウシを絞める」など、首回りを圧迫するという意味で使う。

シェアする