「糧となる」とは?意味や使い方など


「糧となる」の意味は?

「糧となる」の「糧」は「かて」と読みます。

「糧」には大きく分けて2つの意味があります。

1、主食(米や麦)
2、精神、活力の源

1つめは「米や麦」を表し、「食糧」と書きます。ちなみに「食料」は食べ物全般を表します。

2つめは「精神、活力の源」という意味があり、これは米や麦が主食であるということからきています。

「糧となる」の使い方は?

「糧となる」を使った例文はこちらです。

  • 今回の失敗をに、次は頑張りたい。
  • この経験は将来への糧となる
  • 週末の楽しみな予定が、仕事を頑張る糧となる
  • 以上、糧となるの意味と使い方についてでした。

    シェアする